新規訪問時の考え方

「商品を売り歩くのではなく、お客様の欲しい商品は何か?をまず聞きに行く。」

ノルマや目標数字に追い立てられると、簡単なようで、つい忘れがちなことですね!

自分の販売する商品を欲しい可能性があるお客様が見込み客

そして、その数を増やして、それぞれのお客様に商品提案を繰り返すことで結果は自然と出て来ます。

 

新人営業マン育成研修&セールス実践塾 無料相談募集中!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事